ガチャガチャするよりシンプルに

川崎ルフロン内にあるFrancFrancに行ってから家具を見るのが少し好きになり、色々探し出し始めました。

家具は人の個性が出るっていうけど、本当で、買ってる物を改めて見てみると結構シンプルで機能的な物が好みなのが一発でわかった。

中にはデザインを凝りすぎて肝心の収納が残念な物とかも売ってたんですが、果たしてこれは必要なのだろうかと目を疑いました。

やっぱり機能性は大事です。そうは言っても最近はそうでもないらしくて、結構機能性と便利性が合わさってそこにちょっとの個性がミックスされたようなものもあるって知りました。

便利性は確かに大事だけど、我が家には必要ないかなって思います。特別便利にできてる部屋じゃないので家具だけ便利になってもちょっと困るし、居心地が悪くなりそう。

それなら部屋に合った家具を置いた方がまだ便利というもの。それが僕の買い物の時のポイント。意識してなかったけど、選ぶものって無意識に似たような形の物を集めますよね。頭の中で勝手に部屋に置いた時の感じを想像したりとか。

さて、次の休みに今度はunico川崎にでも行こうかな。ネットで見ててもいまいちイメージが湧かなくて、結局は実際見てから買った方がいいかなって思ってちょっと出かけてきます。

車の買取査定と買い物

最近男の一人暮らしとはいえ部屋に物がなさ過ぎて少し不便さを感じてたので川崎ルフロン内にあるFrancFrancに行ってきました。おしゃれな雑貨は女性が使うようなデザインが多いような印象があったので僕はあまり好きになれないなって思ってたんですが、チラシとかが入ってたのでちょっとサイトを覗いてみたらシンプルで僕でも使えそうな物がいくつかあったので見てみたくなりまして、行ってみました。

中には女性ものの雑貨もあったけど、ソファーとかはシンプルでよさげな物があったのでいくつか買ってきました。殺風景な部屋の中に少し物が増えたので少しは生活感が出たかな。

そういえば、パーキングに置いてあるマツダのRX-8ですが、最近仕事の移動が電車なのであまり使わなくなりました。というのも、仕事量が増えたことで移動中もパソコンでメールを確認したりしたいと思ったので車よりも移動中作業ができる電車の方が都合がよくなったんです。

だからといって車が必要ないわけではないですが、年数もそれなりに経ってるし買い替え時かなって思ってます。丁度1年くらい前までは車で仕事場まで行ってたのでそれまでは結構乗り回してたこともありガタがきてました。

そこで車を売ることにしたんですが、これがなかなか難しくて。難しいというのは買取してくれるお店がないんじゃなくて高く買取してくれるお店を探すのが大変って事です。

少なくとも7年しか乗ってないし、それほど古くもないのである程度の金額まではいってほしい。でも僕が希望する査定額よりもどのお店も低い。

諦めて妥協しようと思ってネットを閉じようとした時、一つのサイトが僕の目に飛び込んできました。

それが神奈川で車買取をするならどこを選ぶのがいい?って書かれたサイトです。神奈川県の全ての買取業者が乗ってました。僕の住んでる川崎市も載ってました。

川崎市だけでも結構な数の業者があるもんだなぁってちょっと関心してましたけど、このサイトではユーカーパックが高くておススメなようです。そこで僕もユーカーパックに査定をお願いしました。

査定依頼するとすぐ近くのお店をメールで連絡してくれるみたいだし、サイトにも細かく情報を書いてくれてるからいいかもしれないです。

ちょっと依頼してみようと思います。

代官山の蔦屋書店

先週末は急にジェフが来れないなんて言い出したから時間が空いてしまった。急に空き時間ができるとなにをしたら良いかわからなくなるものです。

どうしようかと悩んでいたところ、少し遠出をしようと思い立ち、前々から行こうと思ってて意外と行けていなかった、代官山の蔦屋書店に行こうと思い立ちました。

川崎駅からだと代官山は40分くらい。そこまでの遠出ではないけど、思いついたら行動です。

普段僕は本を買うときは、昔はラゾーナ川崎とかあおい書店まで行ってましたけど、最近はもっぱらAmazonばかりなので、蔦屋書店がどれほどのものなのか気になっていました。

普通に考えたら電車で40分の距離ってなんてことないんだろうけど、神奈川から東京って考えると少し遠い感じがしますよね。僕もそう思ってました。実はそこまでじゃないんですけどね。

代官山駅で降り、そのまま旧山手通りまで出て神泉のほうに歩いていくと、右手に白い建物が現れました。T-SITEです。蔦屋書店はその中にあります。

中に入ってみると、丸善とはまるで違った洒落た雰囲気です。丸善に慣れてる僕は、少し居心地の悪さを感じましたが、慣れればこっちのほうがリラックスできるのかもしれません。

雰囲気を音楽で例えるなら丸善がクラシック、蔦屋書店はジャズという感じでしょうか。

慣れない雰囲気の中、本と雑誌を一冊ずつ購入して、2階のラウンジへ。コーヒーを一杯たのみ購入した雑誌をペラペラとめくっていました。なかなか悪くないです。コーヒーもおいしい。

代官山の蔦屋書店は、前々から評判は聞いてましたが、また行っても良いなと思いました。代官山T-SITEには大きな駐車場もあるので、今度は車で行くのもいいかもしれないですね。

 

 

職業としての政治

タケオです。銀座の某スポーツグッズメーカーの本社で執行役員をしています。自宅マンションは川崎市にある1LDKです。独身なんで十分です。ちなみに家賃は15万円です。7万円は会社負担なんで。

ただ僕の場合、車があるからこのパーキング代が馬鹿にならない。4万円です。これは近くの機械式月極に置いてます。あ、車はマツダのRX-8です。小回りが効くし、加速もいいのですけど、なんせ2010年式、走行距離4万を超え、ややガタが来ています。

そんな僕の週末といえば午前中、英会話のプライベートレッスンを受けます。といってもネイティブのニューヨーク出身のジェフが自宅に来てくれて教えてくれるんですわ。時給3千円払って2時間ミッチリ。

もしかすると来年あたりロスアンゼルス支社に出向になるかもしれんのだわ。
午後は読書タイムで、主に政治学の本を読んでます。マキャベリとか古い政治学の本が好きなんです(けっこう人にお前は変わってるって言われます)。

まあ、昔から自己研鑽が好きなんです。
夕食はそのへんの居酒屋で適当に食べます。新橋駅周辺は石を投げれば居酒屋か中華屋に当たるようになってるんで。まあ、居酒屋でも本持参で、昨夜(日曜日)はマックス・ヴェーバーの『職業としての政治』をデンとカウンターにおいて、焼き鳥と山崎ハイボールです。

そんなタケオですがこれからよろしくです。主にプライベートについて綴っていこうと思います。